Inqube Inc. About Inqube Products Case study Agent Contact us HOME
Products 取り扱い製品について
Medi Qubeってどんなシステム?
構成図
機能紹介(院側)
受付入力
診察一覧
機能紹介(患者側)
ログイン
診察予約
予約確認
もうすぐコール
機能紹介
タッチパネル
産婦人科機能
ビデオ紹介
資料ダウンロード(病医院様向け)
Medi Qubeってどんなシステム
24時間・365日、無人で予約を受付けることができますよ。
病医院や弊社施設に設置したサーバーがインターネットを通じて、いつでも予約を受付けることが可能です。
ちなみに、インターネットとなると本当に利用してもらえるの?という疑問が浮かんでくるかもしれませんが、総務省の「平成18年通信利用動向調査」によると、平成18年末現在で8754万人(人口普及率68.5%)の人がインターネットを利用しています。
幅広い年齢層の患者様に予約サービスをご提供できますよ
インターネットや携帯電話をあまり利用されない高齢者層の患者様でも、音声ガイダンスによる一般電話からの予約や、院内にタッチパネル形式の予約端末を設置することにより、診察終了後に次回の予約をして帰ることができます。
待合室の混雑緩和や院内感染の予防につながります
患者様は、予約当日になると院外から自分の順番を確認することができますので、待ち時間を有効に活用することができ、自らの指定した順番になると自動的にメールを使って呼び出しをすることもできます。
診察番号や生年月日などの最小限の患者基本情報だけで運用できますよ
「MediQube」上で管理する患者情報は、「診察番号」、「氏名」、「生年月日」といった必要最小限の情報であり、保険情報などの個人情報は一切必要ありません。また、その必要最小限の情報もSSLなどによりインターネット上では、暗号化と認証を行うことにより、通信の盗聴などを防いだ安全な通信が可能です。
新規患者の申込も受けつけることができますよ
「MediQube」を使って患者様が予約をする際には、必ず「診察券番号」と「生年月日」が必要になります。つまり、診察券を持っていない(まだ一度も診察を受けたことがない)患者様は、予約がとれないことになります。
しかし、「MediQube」では「氏名」、「生年月日」、「連絡先」などを登録していただき「(仮)診察券番号」を発行することにより、今まで一度も診察を受けたことがない患者様(新患)でも予約をして来院することが可能です。
この他にも
複数の診療科(診察内容)の予約を一括管理できます
「MediQube」は複数診療科に対応していますので、導入当初は「小児科」から運用を開始して「産婦人科」、「眼科」・・・というようにステップを踏んで、導入することが可能です。
カルテの準備などの事務効率アップにもつながります 効率UP
例えば、予約の締切を前日の15:00に締切るような設定を行えば、明日の予約患者のカルテなどを事前に準備しておくことができ、受付業務をしながら準備していたカルテ準備が軽減されます。
ページトップ
Copyright(C) 2003 Inqube Inc. All Right Reserved.